読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

個人輸出 食品栄養表示について 初めまして。個人輸出

個人輸出 食品栄養表示について 初めまして。個人輸出に関する栄養表示や規制について質問させていただきます。 私は現在個人でショッピングサイトを作り 日本のお菓子を販売しようと考え ている者です。 出品にあたり疑問点がいくつかあり、お判りの方がいたらご教示頂ければ幸いです。 まず、食品に関する栄養表示なのですが 国によって輸出出来ないものや、栄養表示の貼り付けの義務、各国での栄養表示の仕方の違いがあるということは勉強いたしました。 しかしAmazonやebeyなどで個人輸出を行っている日本人の方々の商品にはそういった ラベル等々見当たらない様に見受けられます。(特に駄菓子詰め合わせ等) そこで生まれた疑問点なのですが、 ・購入者側が個人消費目的の場合には 栄養表示などは既存の日本のもので十�

��なのか? ・もし、個人輸消費目的の場合にも購入者側の国の規則に沿った表示をしないといけない場合、現在販売されている商品の販売者は法を犯していることにはならないのでしょうか? というものです。 私の作るサイトでは関税のかからない範囲の金額での販売を考えておりますので 購入者側からの商用購入はできない設定です。 購入者側はもちろん、国をまたぐ取引のため、経由する各ポイントで不安要素のある(犯罪はもってのほかですよね)販売は したくないと思い質問させていただきました。 有識者の方がいましたらどうぞ宜しくお願いいたします。 またなにかアドバイス等もございましたから お聞かせ願います。

残念ながら海外での規定には詳しくないのですが、例えば(逆のケースで)日本国内へ海外の加工食品を輸入して販売しようとした場合、輸入者は日本国内の食品表示法に基づき、適切に表示をする義務があります。栄養成分だけでなく、原材料やその原産国、添加物、内容量等々、法に規定された項目を、日本の消費者に読める言語で(つまり日本語で)全て表示しなければなりません。 食品の表示は、その食品を購入して口にする消費者に対して、必要な情報を提供することが目的です。これは国内でも海外でも、同じだと思います。ただ、その本来の目的が達せられる場合は、必ずしも表示しなくても良い場合があります。 例えば、加工食品を製造してその場で直接消費者に手渡す、対面販売の場合は、消費者が知りたいことがあ�

��ば直接製造者に尋ねることができますので、食品への表示は免除されます。ファストフードのハンバーガーやフライドチキンに表示がないのは、そういう理由です。 表示が必要なのは、その食品が小売店などに置かれ、不特定多数の人に販売される場合です。消費者がその食品に関する情報を知りたいと考えたとき、その手段が無い場合には、食品自体に表示をしなければなりません。 そういう観点で考えると、購入者はあなたという供給者に直接問い合わせることができますので、表示がなくても実質上は問題ないように思えます。海外で買ってきたお菓子を持ち帰る時に、いちいち表示し直すことがないように、その延長と考えられる程度の小規模な、個人対個人でやっている範囲では、それほどうるさく言われないかもしれませ�

��。 ただやはり、それを「業」として行うのなら、モグリ的なやり方はしない方が良いように思います。日本語の表示は海外の方には理解できませんし、もしも当局の目にとまれば、それなりのお咎めを受けるのではないかと思います。

楽天市場やヤフーショッピングで買い物をするときコンビニ払いがあると思うのですが支払いに商品券は使えるのでしょうか?

セブンならnanacoが使えるっていう数少ない例外がありますが、それ以外は全て現金のみです。